digital square IT/インターネットマーケティング支援施設
ホーム アクセス お問い合せ
  ATC



【プロフィール】

株式会社アスキーソリューションズ
営業マーケティング本部

小野 博英
Ono Hirohide


1970年生まれ。
94年慶應義塾大学環境情報学部卒、95年桑沢デザイン研究所卒業後コンピュータゲーム会社(株)ジャレコ(現 パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン)に入社、アーケード用/プレイステーション用ソフトウェア計4本をプロデュース。
98年に(株)アスキー入社、WBT(Web Based Test)部にてインターネット上での資格試験ビジネスの立ち上げに参画。ネットメディア事業部にてマクロメディア製品のマーケティングを経て、現在はサーバ用ソフトウェアのマーケティングを担当。


→関連情報
http://www.sitetracker.jp

【原因調査 】
今回は「ログ解析」という手法を使って事後分析を致します。通常Webサイト(ホームページ)が格納されているWebサーバには、アクセスログというサイトを閲覧した人の履歴が残ります。このログを活用する事で販売促進に結びつける手法をログ解析と言います。ログ解析は自社でプログラムを組む方式と市販のログ解析ソフトを導入する方式があります。文房具のベンチャー企業に話を戻しますと、担当者が行うべき行動は実績の上がらないWebサイトの原因調査から始めます。今回は初歩的ではありますが、基本8項目の調査をご紹介します。

【1.】Webサイトの集客力調査
「日/週/月/何曜日/何時にどの位のアクセスが有るのか」
【2.】リピート率調査
「何人の人が繰り返しアクセスしているのか」 
【3.】人気ページ調査
「Webサイト内のどのページの閲覧が多い又は少ないのか」
【4.】リンク元調査
「閲覧者はどこのサイトから来たのか」
【5.】ブラウザ調査
「閲覧者はパソコン/携帯端末どちらで見ているのか」 
【6.】キーワード調査
「検索エンジンで引っかけた単語は何か」 
【7.】ホスト調査
「閲覧者のプロバイダー又は組織はどこか」 
【8.】広告調査
「出稿先からのクリックレートはどれくらいか」

【 結果データ 】
実在するサイトの1ヶ月分の解析データをそのまま引用し、文房具販売のベンチャーに当てはめて表示してみますのでご参照ください。
詳しい結果データーはこちらから →

<< 前へ  2/4  次へ >>
セミナー情報
  ATCデジタルスクエア主催
・ セミナ-情報はこちら
  大阪産業創造館主催
・ セミナ-情報はこちら
  ソフト産業プラザ主催
・ セミナ-情報はこちら
  メビック扇町
・ セミナ-情報はこちら
インタビュー

01. 【経済産業省
 赤井誠次様】

世界に通用するIT産業を
関西から

02. 【大阪市経済局
 西川信司様】

産業創造都市を目指して
Copyrights(c) Digital Square 2006 All Rights Reserved